創業大正7年 中央本線小淵沢ふもとの駅弁丸政

株式会社 丸政

山梨県北杜市小淵沢町996
Tel:0551-36-2521
Fax:0551-36-2522
いらっしゃいませ、創業大正7年丸政のホームページへようこそ。株式会社「丸政」は大正7年4月、雑貨、すずらん餅を主力に中央線富士見駅構内にて立売営業開始。テレビ朝日「探検レストラン」により生まれた弁当、「元気甲斐」をはじめとする人気駅弁を多数販売しております。列車の旅・ドライブのお供に是非ご利用くださいませ。-株式会社 丸政


≫【各種ご注文、お問い合わせ】
〒408-0044
山梨県北杜市小淵沢町996
:0551-36-2521
受付 9:00〜17:00
Fax:0551-36-2522
E-Mail:marumasa@nns.ne.jp






おかげさまで、今年で”元気甲斐”は25周年、”高原野菜とカツの弁当”は40周年を迎えます。長年のご愛顧に深く感謝申し上げると同時に、これからも変わらぬ”味”をご提供できるよう、努力してまいります。






≫会社概要と歩み
社    名 株式会社 丸政

本社 所在地 〒408−0044
山梨県北杜市小淵沢町996番地
TEL 0551−36−2521
FAX 0551−36−2522

創業 大正7年 4月
設立 昭和30年7月
資本金 1000万
年商 80,000万円
従業員 社員20名、パートアルバイト90名

代表取締役 名取 政義
取締役 名取 政仁
取締役 名取 文子
取締役 井ヶ田 正好
監査役 有賀 文明

事 業 内 容 ・JR駅構内雑貨売店、そば店営業

・駅弁製造販売

・各種イベント用仕出し料理、弁当製造販売


営 業 箇 所 JR小淵沢駅、長坂駅、富士見駅、茅野駅

韮崎駅、甲府駅北口


関連企業 社名:株式会社マルマサホテルシステム

所在地:山梨県北杜市小淵沢町2968-1

TEL:0551-36-6111

FAX:0551-36-6116

個人情報保護基本方針


◆丸政沿革
大正7年4月 ・名取政一 中央線富士見駅にて弁当立売営業開始
昭和4年6月 ・富士見駅の営業を廃止し中央線小淵沢駅近くに移転
昭和19年3月 ・弁当の販売を始める
昭和28年5月 ・自家営業から合資会社丸政商会となる。
昭和30年7月 ・合資会社丸政商会から株式会社丸政となる。
昭和55年7月 ・現会長 名取政仁社長就任
昭和60年10月 ・ ・テレビ朝日「探検レストラン」により生まれた駅弁「元気甲斐」発売開始
平成7年4月 ・株式会社マルマサホテルシステム発足
(スパティオ小淵沢のレストラン、宿泊業務を受ける)
平成14年4月 ・甲府駅売店へ駅弁の納入を開始
平成15年 ・中央線甲府駅、竜王駅、韮崎駅の開業100周年に伴う記念弁当発売
平成16年7月 ・中央線小淵沢駅開業100周年記念弁当発売
・小淵沢駅に「デュオレールこぶちざわ」オープンする
平成17年8月 ・昔ながらの立ち売りを復活させる
平成17年9月 ・甲斐路味めぐり「うまい甲斐」リニューアル発売
平成17年11月 ・フジザクラポーク使用「甲州かつサンド」を発売開始
平成18年2月 ・甲州ワインで育った牛と豚の弁当「まんぷく甲斐」を発売
平成18年4月 ・甲州旨いもの合戦「風林火山」リニューアル発売
平成20年 ・「イケてるメンチカツ弁当」「牛肉松茸釜めし」「甲州ワインランチ」を発売
平成21年1月 ・甲斐味鶏を使用「甲州カツサンド(鶏)」を発売
平成22年4月 ・専務取締役 名取政義社長就任
・社長 名取政仁会長就任
平成22年10月 ・中央線長坂駅に「四代目丸政」ラーメン店オープン
平成24年7月 ・甲府駅北口に「丸政そば」の路面店をオープン
平成24年8月 ・東京駅に「駅弁屋 祭」オープンと同時に当社主要駅弁を販売
平成25年10月 ・中央線韮崎駅に「丸政そば」をオープン
平成25年12月 ・「そば屋の天むす」を駅弁で発売
平成26年7月 ・「小淵沢丸政の信州牛弁当」を発売





◆歴史探訪蔵出しギャラリー
このホームページを制作するにあたり、倉庫の奥から、社長の駅弁包装紙コレクションなどを出てきました。出てきた品々を見てつくづく歴史を感じました。私のコメントも入れながらノスタルジックな気分をお楽しみください。

昭和28年ごろ鉄道省時代の丸政商会駅構内営業許可証。金属製でものすごく重量感があります。わたしも始めて見ました。

「八ヶ岳高原 山小屋餅」弁当に同封した商品の案内書きです。ワラバン紙に印刷したもの、カタカナでの表記が昔を感じます。
駅弁の立ち売りをしていた当時のハッピです。 お弁当の製造風景。ひとつひとつ手作業で詰めていきます。
昔のお弁当の包み紙には地図が描かれていたものが多かったです。蒸気機関車の写真などカラーの写真も使われていました。
Copyright(C) MARUMASA All right reserved.